- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト湘南

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI

神奈川県藤沢市よりお越しのお客様

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI内装コーティングでご入庫です。以前お乗りのお車でも当店をご利用いただいておりました。2台目のご用命ありがとうございます。

2018年モデルのゴルフGTIをお持ち込みいただきました。ゴルフ7.5という呼ばれ方もしているゴルフのハイパフォーマンスモデルですね。
今回の施工内容は運転席・助手席シート、ハンドル、センターコンソールのコーティングです。GTIのシートは伝統のタータンチェックです。2018年モデルで1年ほど経過していますが、目立つ汚れもなく綺麗な状態が保たれていました。

まず内装コーティングの前には、コーティングの定着を良くするため、施工箇所のクリーニングをおこないます。コーティング剤は油分を嫌いますので、油分を除去することをメインとしたクリーニングですが、軽度なシミなどはこのクリーニングで消せることもあります。

クリーニング後は少々水分を含んでいますのでしっかりと乾くまで時間を置きます。今回はファブリックシートですので多めに時間を取ってからコーティング剤の塗り込みをおこないました。
ハンドルやセンターコンソールも手や肘が触れる部分ですからコーティングをしておくと安心かと思います。

ゴルフ内装1

ゴルフ内装4

リボルトの内装コーティングは革・合皮、ファブリックの表面上に被膜を作るだけではなく、内部にも染み込んで繊維の一本一本にコーティングがされていきます。そのため、汚れが付きにくいのはもちろんですが、一度ついてしまっても取れやすいというメリットがあります。
ボディと同様おすすめのコーティングになりますので、ぜひご利用いただきたいと思います。

オーナー様、この度は内装コーティングのご用命誠にありがとうございました。


施工時期:
2019年
施工内容:
車内・シートクリーニングシートコーティング