車・バイクのガラスコーティング【リボルト湘南】/藤沢市/横浜市/神奈川県

リボルト湘南は神奈川県の湘南・藤沢市に横浜新道や鎌倉方面からもアクセスしやすい街道沿に店舗を構え、イオンデポジット・ウォータースポット(雨シミ)の付きにくいハイクオリティなガラスコーティングサービスを提供させて頂いております。ボディに施工するカーコーティングは一般的なガラス繊維素被膜1層式(シングルプロテクション)コーティングに加え、ラディアスにて独自に研究開発された輝き・艶・膜厚・抗雨シミに優れた完全ガラス被膜による2層式カーコーティングをメインで行っております。MAIL:info@revolt-coat.com

【ガラスコーティング専門プロショップ リボルト湘南】


【ブランド統合のお知らせ】
revolt_mark.jpg
ラディアス・リボルトグループは6月にリボルトグループへブランドを統一いたします。さらなるハイクオリティコーティングを目指したブランド戦略の一環となります。低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤リボルトプロ(濃度100%)、紫外線軽減効果(UVカット)トップコート、ハイクオリティ下地処理技術「Revolt Adjust System」はリボルト各店でのみ提供可能です。ブランド統一は6月にかけて随時行っていきますが、状況によっては多少の遅れも生じる可能性があります事、予めご容赦くださいませ。ロゴマーク、リボルト(REVOLT)などの名称は商標登録済みです。


【正社員募集】
シロッコ3◆リボルトグループスタッフとしてしっかりと指導・研修を行ったうえで業務についていただきますので、未経験者でも全く問題ありません。勤務日時応相談可。ディーラーや大手カーショップで行っているコーティングとは全く違う、本物の磨き技術、コーティング技術、店舗経営戦略を習得し、この競争社会を生き残りたいと思う人に来て頂きたいです。当然としての事ですが、国内トップレベルのコーティング技術を習得して頂きますので社会人としての常識・責任・モラルを持ち備えている方を求めています。勤務地はリボルト湘南店&川崎店です。お問合せは本部まで。※服装の乱れた人、茶髪、喫煙者はご遠慮ください。禁煙してくれればOKです。25~45才くらいまで【募集詳細ページ】

【ガラスコーティング施工案内パンフレット】

◆新しくガラスコーティングの施工案内パンフレットを作りました。店舗にお越しいただいたお客様には差し上げますので、スタッフにその旨おっしゃって下さい。分かりやすくカッコよく作りました。表紙は弊社デモカーのF430です。
4.jpg
1411460037.jpg


【RSCOTS】

日本カーオブザイヤーに倣い、当リボルト湘南店でも、【カーオブザイヤー】ならぬ、【カーオブザシーズン】(Radius Shonan Car Of The Season、人呼んで”RSCOTS”)を実施しております。選考基準は、全くの独断と偏見です(笑)今季の【RSCOTS】は、いま話題のあの車達を選びました。

 ◆ホンダ  S660
 ◆トヨタ  プリウス(新型)
 ◆アウディ TT(新型)

アウディーTT

これらの車のコーティング施工をご依頼頂いた場合、スペシャルな特典をご用意しております。詳細は、当リボルト湘南店までお問合せください。

【RSCOTM】のお知らせをご覧下さい。


【リボルトプロ・マイナーバージョンアップ!】

完全硬化型ガラスコーティングの【リボルトプロ】を改良いたしました。
ガラス濃度100%・無溶剤のコーティング剤となりました。詳しくは【こちら】
1円玉被膜-1

【ガラスコーティング剤販売】
表示画像★スカパー・ショッピングチャンネル(217ch)にて好評発売中!
◆コーティング施工されたお客様にお渡ししているメンテナンスキットを一般のお客様にも販売することになりました。大手カー用品店で売られているコーティング剤と比較して耐久性は桁違いに素晴らしいです。【販売ページはこちらです】

【facebookページ開設しました】アカウント持っている方はぜひともアクセスして「いいね!」ボタンを教えて下さいね。「いいね!」ボタンを押して頂いた方にはコーティングお申込み時に窓ガラス撥水前面を無料サービス!
facebook


New Revolt Pro【次世代ガラスコーティング】
◆リボルト・プロを完全リニューアルいたしました。現在市場に出回っている硬化型ガラスコーティングはポリシラザン系、シロキサン系、シラン系がほとんどで、ブランド名は違えども、原料はこのどれかを使用しております。これらはいずれも分子量が大きいタイプのもので、無機の汚れ(ミネラル、カルシウムなど)を引き寄せやすいという性質があります。その無機汚れを引き寄せやすい性質をカバーするためにフッ素、シリコンオイルなどを含んだトップコートにてベースコートを守る手法が一般的になっております。我々はその点を憂慮し、従来の対処療法的な対応ではなく、根本からの改良を行いました。従来のコーティング剤の技術の延長ではなく、まったく違う新しい技術にて硬化型ガラス被膜を作りだし、今回のリリースにいたりました。改良点は以下の通りです。

(1)従来のポリシラザン系・シロキサン系・シラン系のような分子量が大きなタイプではなく分子量を小さくした硬化型ガラスコーティングになります。無機のガラス被膜が無機の汚れを引き寄せやすいというのは、分子量が大きなタイプに見られる特有の性質のようです。分子量が小さい場合でもそれ自体は無機ではありますが、分子量が大きなものに比較すると無機の汚れは引き寄せにくいという性質を持っています。分子量の違いがガラス被膜の性質の違いに現れています。

(2)分子量が小さくなることで、塗装の緻密な表面にしっかりと入り込みアンカーの役割を果たします。これによってコーティング被膜が取れにくく、効果が長期間維持しやすくなります。また被膜の表面がより緻密で平滑になることで、汚れが付着しにくくなります。

(3)分子量が小さいことは、ガラス被膜としての安定化にもなります。ポリシラザン系のガラス被膜の膜厚は1μm未満ですが、我々の低分子量ガラス被膜は3~4μmという圧倒的な膜厚を確保できております。この圧倒的な膜厚により被膜自体の耐久性が増し、ボディ塗装への外部環境からの保護に重要な役割を果たしております。

(4)分子量が小さいという事は分子量が大きいものに比べ、分子配列の調整がしやすく、その調整により被膜自体の性質を変える事が出来ます。その技術を利用することで、ガラス被膜に撥水の性質を与える事が可能になりました。つまり従来のコーティングが行ってきたようなフッ素やシリコンオイルなどを付加し、強制的に撥水効果を与えるのではなく、分子配列の調整によりガラス被膜自身に撥水という性質を与え、長期間にわたる撥水効果を維持出来るようになりました。他にも被膜の膜厚を厚くするという性質を与えることも出来ます。この膜厚の調整は次期バージョンにて対応していきたいです。

(5)Newリボルトプロはガラス濃度100%・無溶剤です。一般的な量販ガラスコーティング剤は溶剤を入れて濃度を薄くしている事がほとんどです。しかしクオリティ重視のため、作業性は犠牲にし濃度100%・無溶剤を実現しました。メリットは下記となります。

◆膜厚のアップ
◆耐久性の向上
◆艶・輝きアップ
◆硬化時間の短縮

Newリボルト・プロは従来の技術の延長ではなく、新しい技術により開発された新しいガラスコーティング剤です。
まさに、次世代のガラスコーティングと言えるでしょう。リボルト各店にて順次提供していきます。

【Newリボルト・プロの撥水持続性の簡単な実験のページはこちらをクリック!】

◆今回リボルト・プロだけがリニューアルするのではありません。実は下地処理技術も大きく進化いたします。

【新研磨技術・『New Revolt Adjust System』の詳細はこちらをクリック!】

◆お見積もり、お問い合わせは無料で行っておりますので、気軽に声をおかけください。なお、電話でお問い合わせの場合、作業中はすぐに出られないことがありますので、コールは長めにお願いいたします。

※こちらは新車から5年経過されたお車。見事に復活です。古い車も新車のように、新車はより美しくなります。
MINI-C-2

【コーティング剤の塗布方法ついて】
施工方法◆ガラスコーティングは主に、「手塗り」、「スプレーガン」の二つの方式があります。それぞれにメリット、デメリットがありますが、当ショップではガラスコーティングの特性を徹底的に研究、検証し、両方のメリットを生かすべく、ベースを手塗りとし、その上からスプレーガンによるコーティングをボディ全体に行っております。手塗りコーティングによる圧倒的な艶と、ガン吹きによる繊細な仕上がり、その両方を存分にご堪能いただきたいと思います。ガラス被膜の膜厚は手塗りによる膜厚とその上からのスプレーガンによる膜厚にて、それぞれ単体施工時の約2倍となりますので、従来のガラスコーティングとは全く違う別格な仕上がりを体感できます。【コーティング剤・塗布方法について】

【高度下地処理技術】
◆ボディの美観を決める一番の要素は「下地処理技術の善し悪し」です。ボディを磨く際、塗装面への負荷は最小限に止めつつ、小キズやシミなどのダメージを取り除き、また新車から見られるツヤのボケを解消し、艶・美しさを最大限に引き出します。下地処理は手作業によるものなので、施工環境、そして技術力によって仕上がりのクオリティが大きく左右されます。

中古車はもちろんのこと、新車の施工においても「下地処理技術」によって仕上がりクオリティは大きく左右されます。下手な下地処理をすれば、せっかくの新車に要らない磨き跡を残してしまうケースも数多く見られます。逆に、適正な下地処理を施せば、新車を超えた最高の状態へと生まれ変わります。当店では、下地処理の完成度を重視し、「車を美しく」というお客様の希望を最大限叶えられるよう、施工に当たっております。

550_mg_8676.jpg
550_mg_0616.jpg

【お見積り・施工お申込みページはこちらから】

revolt_mark.jpg

  • リボルトプロサムネイル

    New リボルト・プロ / Revolt Pro

    【リボルト・プロ被膜イメージ】 【次世代ガラスコーティング】 リボルト・プロを完全リニューアルいたしました。現在市場に出回っている硬化型ガラス...

  • リボルトサムネイル

    リボルト / Revolt

    【リボルト被膜イメージ】 リボルトは、リボルト・プロと同様にまばゆく輝くボディを、簡単に、楽に維持できることを目指したガラスコーティングです。...

  • リボルト・ライト

    リボルト・ライト / Revolt Light

    【リボルト・ライト被膜イメージ】 リーズナブルに価格設定したガラスコーティングコースです。ボディ塗装への下地処理(磨き)につきましては、上位コ...

  • pic_revolt_light_nonpolish.jpg

    リボルト・ライト / Revolt Light(Non Polish)~納車後1か月程度の新車限定コース

    【リボルト・ライト(Non Polish)被膜イメージ】 納車後、約1か月以内の新車限定のリーズナブルなコーティングメニューです。 下地処理(...