- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト湘南

日産・180SX

神奈川県茅ヶ崎市よりお越しのお客様

日産・180SXのご入庫です。シルビアの姉妹車種として登場し、リトラクタブルヘッドライトが印象的でスポーツカーとして大ヒットしたモデルですね。チューニングのベースとしても使われることが多く、ノーマルの状態で残っていることは珍しいのではないでしょうか。

180SXは1989年から1998年まで生産されており、ご入庫いただいた180SXは1998年式の後期型となります。生産から20年以上が経過しているにも関わらず、大きな傷はなく塗装の痛みも少ない状態でした。
下地処理前に各所膜厚計にて塗装膜を計測しました。

膜厚1

膜厚2

膜厚に問題はなく、再塗装がされた形跡もありませんでした。
塗装が劣化してきてもおかしくない年式ですし、過去に過度な磨きがおこなわれ極端に塗装が薄いという車両もありました。コーティング専門店として車の状態に合った対応が必要になってきます。
当店の照明下で見ると細かな洗車傷が多数見受けられましたが、これは年数に応じたもので洗車を繰り返していれば徐々に増えてきてしまうものです。

180SX-b1

180SX-b2

グループ独自の高度な下地処理技術で塗装を極力薄くしない最低限の磨きにより傷を除去し、平滑に整えていきました。
経年車はより慎重に進めないとトラブルに発展してしまいます。

180SX-a1

180SX-a2

コーティング剤は硬化型ガラス被膜のベースコートとガラス繊維素トップコートの2層コーティングになります。「リボルト・プロ」は紫外線からのダメージも軽減させる効果がありますので塗装の色褪せを遅らせることができます。
塗装面だけでなく未塗装の樹脂パーツやヘッドライト、テールレンズ、ナンバープレートもコーティングをしておりますのでお引渡しの際は入庫時よりお車全体の印象が変わったと感じていただける思います。

今後は当店からお渡ししたメンテナンスキッドを用いて洗車をして頂ければ、長期にわたり濡れたような艶をお楽しみいただけると思います。

この度は2台目のご利用ありがとうございました。

施工時期:
2018年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティング窓ガラス撥水加工