- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト湘南

スバル・R1

神奈川県横浜市よりお越しのお客様

スバルR1のガラスコーティング「リボルト・プロ」の紹介になります。

スバルR1はボディサイズはかなり小さめですが、実際に乗ってみると窮屈感はあまりないのです。店内の配置換えの際に乗りましたが、「あれ?意外と広い」という印象を受けました。小柄なボディでとても可愛らしい車です。

膜厚チェックも問題ありませんでしたので作業を進めてまいります。

膜厚1

膜厚2

施工はまず洗車からスタートし、ボディ全体の付着物を除去した後、下地処理に移りました。
グループ独自の高度な下地処理技術でじっくりと綺麗にしていきました。ボディサイズは小さいですが、全体的にくすんでしまっていたので、艶を出し、除去可能な傷、シミを消して本来の色が出てまいりました。

下地処理を終え、洗車、脱脂後にコーティングを塗布していきます。洗車後は「塗る前だけどすごい綺麗だな~」と自画自賛してしまうほどです(笑)ここからさらにしっとりとした艶を出し、この状態を維持しやすくするためにガラス皮膜を形成させました。リボルトオリジナルのコーティング剤は無溶剤ですので酸化劣化も抑えられ、塗装面に害を与えることもございません。作業性は良くないので、時間もかかり神経も使いますが、クオリティを重視するためには妥協できない部分だと考えております。
ぜひ体感していただきたいと思います。

この度はご用命頂き、ありがとうございました。

施工時期:
2016年12月
施工内容:
リボルト・プロ