施工ギャラリー

ポルシェ・ケイマンGT4でご用命のお客様

車名:
ポルシェ・ケイマンGT4
施工内容:
リボルトプロ,ホイールコーティング,窓ガラス撥水加工
*GT4-4

中国では、ポルシェと言えばSUVメーカーというイメージがあるらしく、そのくらいポルシェの稼ぎ頭といえばカイエンや新たに登場したマカンという状況になっています。しかし、やはりスポーツカーのトップブランドとして、ポルシェを代表する車といえば911を誰もが思い浮かべると思います。そんなポルシェの、そしてスーパースポーツ界のヒエラルキーの頂点に君臨する911の座を脅かしかねない一台が、同じポルシェの中から登場しました。それが、この「ケイマンGT4」です。シャシーの多くのパーツやブレーキを「911GT3」から引き継ぎ、心臓部となるエンジンを「911カレラS」から受け継いだ特別なモデルで、スペック的にも911の一部モデルを脅かしかねない数値を出しています。でも、いざこの車を走らせると、そんな数値や理屈はどうでも良くなってしまうくらい気持ちの良い走りを提供してくれるようです。何よりもこの車の目の前に立てば、その気持ちよさは一目で伝えるオーラを感じさせます。生産台数が限られる中、日本に割り当てられる台数は更に少なく、そんな中での貴重な貴重な一台を今回、ご依頼いただくこととなりました。実際、コーティングのご依頼をいただいてから実際に施工に当たるまで、1年近く時間がかかってしまいました。オーナー様も待ちに待った納車となられたようです。

GT4-10

と、いうことで、オーラバリバリのGT4、納車してそのままその足で、当店までお持ち運びいただきました。ということはホヤホヤの新車のはずですが、特殊照明下で隅々まで確認すると、思いのほか拭き傷や小キズがあちこちに散見されました。ちょっと予想以上のあまり宜しくない状態で、このモデルには似つかわしくない状態と言えるでしょう。まずは塗装状態を整え、小キズや傷みのなく、均一に均された美しい塗装状態を作り上げていきます。新車なので、塗装への負担を極力少なく抑えたいものです。磨き過ぎず傷みを除去し、尚且つ艶、質感を上げる「リボルトアジャストシステム」という手法で下地処理を進め、まさに美しい新車以上の状態へと仕上げました。

適切な下地処理を施して、新車以上の美しい塗装状態とした後に、100%ガラス濃度のコーティング剤を塗布します。より強固な保護力、美しさを実現するためにラディアス・リボルトグループ独自で開発した、オリジナルコーティング剤を使用します。これは低分子型という分子構造をしていて一般ガラスコーティングよりも硬化時間が早く、膜厚があるのが特徴です。低分子型なので、コーティング剤が塗装表面にしっかりと入り込み、塗装面との食いつきも非常に良くなり、保護効果の高い被膜を形成します。防汚効果も高く、濡れたような艶を与えます。コーティング施工後はコーティング剤が完全に固まっておりますので、安心してドライブ、洗車を楽しんで頂けます。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能を加えたものを使用しており紫外線からボディを守ります。

コーティングが完了し、引取りに来られたオーナー様も、生まれ変わった美しいボディを存分に堪能されておりました。時間と手間をかけて施工させていただいた甲斐がありました。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命いただきまして誠にありがとうございました。

GT4-1
GT4-2