施工ギャラリー

藤沢市からお越しのお客様

車名:
VOLVO V60
施工内容:
リボルトプロ,ホイールコーティング,窓ガラス撥水加工
V60-2

好みは分かれると思いますが、私は近年の美しさを感じる VOLVO のデザイン、私はとても好きです。以前のカクカクしていたVOLVO も、もしろん「これぞ VOLVO」といった味があります。しかし、最近のVOLVO車、特にこの V60 は、国産、輸入車多々あるワゴン車の中でも、最も美しくスタイリッシュな一台と言ってもいいのではないかと思います。それにプラスして、VOLVO の代名詞とも言える安全性能、高い実用性、そして輸入車の中では実は割安な価格帯など、非常に魅力的なモデルとなっております。

さて、今回ご依頼いただいたこちらのV60、新車時にディーラーさんでコーティングをされたそうなのですが、その仕上がりがあまりにひどく、しばらくしてから耐え切れずに当店にて再度コーティングのやり直しをご依頼されました。実車をお預かりすると、一見綺麗なのですが、所々に散見される雑な作業の結果と思える跡が散見されました。磨きムラ、コンパウンドのカス、コーティングのムラ等々。まずは、この塗装の質感をきっちりとより一段アップさせるための下地処理、ボディ磨きから作業をスタートします。きちんとした下地処理をして綺麗にならない黒なんてありません。黒いボディでぱっとしないのは、正しい下地処理が行われていない証拠です。

V60-5


適切な下地処理により、ようやく納得の塗装状態とした後に、100%ガラス濃度のコーティング剤を塗布します。このコーティング剤はラディアス・リボルトグループ独自で開発したもので、低分子型という分子構造をしていて一般ガラスコーティングよりも硬化時間が早く、膜厚があるのが特徴です。低分子型なので、コーティング剤が塗装表面にしっかりと入り込み、塗装面との食いつきも非常に良くなり、保護効果の高い被膜を形成します。防汚効果も高く、濡れたような艶を与えます。コーティング施工後はコーティング剤が完全に固まっておりますので、安心してドライブ、洗車を楽しんで頂けます。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能を加えたものを使用しており紫外線からボディを守ります。

しかし、どんなに良いコーティング材であったとして、適切な方法で施工しなければ、本来の性能、美観は存分に発揮できません。良い材料に適切な施工、この両面を揃えて始めて「リボルトプロ」の完成となります。どんなに素材が良くても、調理方法一つで味が変わってしまう料理に似ていると思います。最良の素材、施工環境、そして施工スキル、施工者の集中力と技術者としての意識、それらをトータルで高いレベルまで引き上げてご提供できるよう、日々努めております。


今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命いただきまして誠にありがとうございました。

V60-6

V60-7

V60-9