施工ギャラリー

スズキ・キャリーでご用命のお客様

車名:
スズキ・キャリー
施工内容:
リボルトプロ,ホイールコーティング
キャリー-1

キャリイは”CARRY ”、つまり、英語で「運ぶ」の意味。1971年~2009年までの39年連続で、日本国内で販売されているトラック(軽・小型・普通)の車名別年間販売台数第1位なんだそうです。今の日本を築いてきた歴史の裏を探るとき、そこにはきっとキャリイがいるはず。家を建て、ビルを建て、街を作るときに、どこかでキャリイのお世話になっているはず。そう考えるとなんだか感慨深いものがあります。2010年には、累計400万台を達成したそうです。なんて、大げさに書いてしまいましたが、意識していようがいまいが、実は誰もが関わりがある車なんだなと、改めて思いました。

キャリー-8

さて、今回ご依頼いただいたこちらの車は、新車ではなく、もうかれこれ20年近く経過している車です。オーナー様は大切にこれからも使いたいからと、主要な部分を再塗装され、さらにコーティングのご依頼をいただきました。やっぱり綺麗に乗ったほうが気持ちよく、長く使い続けることができますからね。いわゆる「軽トラ」と言えど、処理する方法は同じ。丁寧に下地処理を施し、塗装面を美しく整えていきます。そして、はっとするような美しい、純白のボディへと仕上がっていきました。板金塗装業者さんの(ちょっと)雑な仕上げも、下地処理により綺麗な状態へと修正していきました。

お客様は「大事に長く乗りたいのでコーティング」というご希望でしたので、膜厚があり、耐久性の高いコーティングを施しました。このコーティング剤はラディアス・リボルトグループ独自で開発したもので、低分子型という分子構造をしていて一般ガラスコーティングよりも硬化時間が早く、膜厚があるのが特徴です。低分子型なので、コーティング剤が塗装表面にしっかりと入り込み、塗装面との食いつきも非常に良くなり、保護効果の高い被膜を形成します。防汚効果も高く、濡れたような艶を与えます。コーティング施工後はコーティング剤が完全に固まっておりますので、お引渡し直後から安心してドライブ、洗車を楽しんで頂けます。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能を加えたものを使用しており紫外線によるダメージを軽減します。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度は、二台目のご用命を賜りまして、誠にありがとうございました。

キャリー-4
キャリー-6