施工ギャラリー

プジョー・407SWでご用命のお客様

車名:
プジョー・407SW
施工内容:
リボルトプロ
プジョー407SW‐1

今回ご入庫頂いたプジョーは、フランスに本拠地を置く世界最古の自動車量産メーカーで、プジョーは独特の『猫足』と呼ばれるしなやかで路面に吸い付くような接地感の足回りで柔らかい乗り心地と安定感を実現しています。1980年代まで製造していた自転車は通算10回ツール・ド・フランスの総合優勝者の使用機材にもなっていました。プジョー・407は406の後継車としてフラッグシップモデルとして出てきました。サイズ的にはメルセデスベンツ・Eクラス並みに大きくなり、積載容量もかなりの大容量になっており、ステーションワゴンでは少ない仕掛けのリアワイパー支持部のボタンを押してガラス部分だけ開けることも可能になっています。天井にはパノラマルーフがついており開放感があります。

今回ご用命頂いたお車はリボルト・プロとデントリペアを施工させて頂きました。まずボディーの凹みを直すデントリペアを施工し凹みも綺麗に修正させて頂きました。ご入庫頂いたお車の色は、アルシオンブルーという美しいブルーメタリックになっています。なので傷やシミが目立ってしまいます。この傷やシミを出来るだけ目立たなくして塗装面を綺麗に整えていきボディーの輝きをアップさせました。

施工前
プジョー407SW‐5

施工後
プジョー407sw‐6
ボディーの凹みや傷を綺麗にしたところで、低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤を塗布してその上からトップコートを塗布することによって防汚効果を高め濡れたような艶を与え紫外線軽減機能(UVカット)を加えており紫外線からも大切なお車を守ります。

今後はセオリー通りに洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と撥水性能を維持して頂けると思います。

ご用命頂き誠にありがとうございました。

プジョー407SW‐9